麺匠庵

播州の手延べ麺・オリジナル麺・手延べうどん・そうめんの販売|麺匠庵(めんしょうあん)

商品カテゴリ

村おこしうどん、蕎麦、
パスタ等・
お店独自の特注麺を
少量から製作出来ます。
当社までご相談下さい。

オリジナルの麺を作りませんか?

 

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  手延べ麺製造工程

手延べ麺製造工程

 

こね作業(コネ機)
こね作業(コネ機)

 

こね作業(コネ機)
小麦粉・食塩・水をこね合わせ、素麺の生地(めん生地)を作ります。

 

 

足ふみ、のし作業
自動麺圧延機で熟成します。

 

足ふみ、のし作業
足ふみ、のし作業

 

 

板きり作業(イタギ機)
板切作業(イタギ機)

 

板切作業(イタギ機)
よくこねためん生地は、幅およそ10cm、厚さおよそ5cmの麺帯(めんたい)にし、“採桶(さいとう)”と呼ばれる桶に巻き込みます。

 

 

細目作業・小均作業(自動巻入機)
およそ3時間ねかせた麺紐に“縒(よ)り”をかけながらロールで直径およそ15mm→12mm→6mmと細めていきます。

 

細目作業・小均作業(自動巻入機)
細目作業・小均作業(自動巻入機)

 

 

掛巻作業(カケバ機)
掛巻作業(カケバ機)

 

掛巻作業(カケバ機)
掛巻機で、麺棒に8の字型に巻きつけます。

 

 

小引作業(自動小引機)
麺紐を熟成の進み具合や天候を考えながら、掛巻機でおよそ50cm程に引き延ばします。

 

小引き作業
小引作業(自動小引機)

 

 

門干、箸分作業
門干、箸分作業

 

門干、箸分作業
「はた」と呼ばれる道具でさらに延ばしながら乾燥します。

 

 

麺水分を13%程度に乾燥させた麺を、製品サイズに切断します。自動結束機により、50gずつ計量し、素麺帯を巻きつけます。

 

 

計量、袋詰め
計量、袋詰め

 

計量、袋詰め
袋詰めし、金属探知機を通します。